読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検定

■仮説

コインを5回投げて5回連続表が出たときに、そのコインは本当に2分の1の

確率で表裏が決定するのか。

このときに、かたよっていないという仮説を立てて考える。

この場合かたよっていない確率は3%になります。

この確率をもっと少なくするため(仮説をより精度高く検証するため)には

試行回数を増やすと良い。

例えば6回続けて表が出るのは1.6%

7回続けて表が出るのは0.8%となり

7回までいくとこのコインは2分の1で裏表が決定されないと

直感的に予測できるようになってくる。

 

■危険率

5回投げたときにかたよっていない確率は3%になるが

この3%に実際に該当する場合がある。

この確率を危険率という。(または有意水準という)

検定というのは絶対に間違っているということは言えず

危険率3%でかたよりがあるという形になる。

 

■帰無仮説

検定は、主張したことと反対の仮説を立てる。

無に帰することを予定してという意味で

この仮説のことを帰無仮説という。

5回連続でコインが表が出る場合、一般的にこのコインは

偏りがあると思われるので、帰無仮説を立てる場合

このコインはかたよりがないと仮説を立てることになる。

仮説が正しいとして、実際に起こった事象の確率を計算する。

もしこの確率が非常に小さければ仮説からすれば

起こるはずのないことが起こったことになり、仮説は

間違っていると判断せざるをえない。

このとき、仮説は「棄却される」という。つまり無に帰した。

 

■危険率2

危険率はあらかじめ決めておく。

危険率の数値は検定する目的に応じて異なる。

ズバリこれだというものは決められないらしい。

一般には1%または5%を使うことが多い。

仮に危険率を5%と決めると、コイン5回連続表がでる

確率は3%であり、仮説は棄却されます。

1%にすると棄却されないことになる。