読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計学の用語

今週も先週と同様に用語を書いていきます。

最低週一でやっていますが、もっと頻度高めたいですね。。。

 

■レンジ

あるデータの最大値から最小値を引いた値。

データのばらつき具合を表すのに使える

ただ1つの異常な値のデータで大きく変わってしまうので

使われることはあまりないらしい。

まぁそりゃそうかという感じ

 

■偏差

データと平均の差。

それぞれのデータの偏差の和は0になる

つまり、偏差でもデータのばらつき具合はわからない。

 

■平均偏差

偏差の絶対値の平均。

絶対値でないと、和は0になるが絶対にすることでこれを無くしている。

しかし数学的に扱いづらいらしいので(微分がデキないなど)

実際に平均偏差が用いられることはほぼないらしい。

用いられないの多すぎ。

 

■分散

偏差の2乗の平均。

分散でも、分布のばらつきの程度を表す値として適当だが

実際には分散の平方根を取った値を用いることが多い。

 

標準偏差

分散の平方根を取った値。

 

ここで第2章は終わり。

次は確率の章ですが、あんまり使わなそう。

しかし一通りやってみたいと思います。

冒頭にも書きましたが、もうちょっと更新頻度を上げたい。