マンガでわかる統計入門 中学数学だけで理解できる!

僕はkindle paper whiteを今後の勉強のためにと年末に購入しまして

今、kindle unlimitedに加入して面白そうな本を読もうとしています

僕はおそらく本を読むのが得意ではないのでよくマンガに逃げています

 

統計学を学びたいけど文章だけだとどうせ読まなくなることは予測できて

マンガだったらとっつきやすそうなのでタイトルの本を

読むことにしました。この本はkindile unlimitedに登録されているので

無料で読めます。

 

まだ読み途中ですが、7章のうち2章読み終えて

最初は基礎の基礎で僕でも知っているところから始まってます。

第2章の標準偏差あたりから怪しくなってきました。

 

6章の推定、7章の検定、8章の相関は前から面白そうで

しっかり学びたいと思っていたので、集中してできればと思います。

 

最後になりますが、マンガでわかるというのは

全部マンガかと思いきや文章のページとまとめのマンガのページが

交互にくるというクソ仕様になってます。タイトルに騙されましたね。

 

このブログの方向性についてなんですが、

感想文みたいなのを書くのではなくて理解をより深めるために

この用語はこういう意味だとか、

実際にやってみるとこうだとかこういうグラフができるとか

そういうのを書き溜める場所にしたいなと書いてて思いました。